<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
阿修羅展から天平の天才の話①
どーもどーも!
心を入れ替えて毎日のように更新!

阿修羅展行ってきましたよー。

東博での仏像関連の展覧会はここのところヒット続きですが
今回の阿修羅展も、昨年の薬師寺展を上回る初動だそうです。
史上初の100万人動員成るか!?

関係者の方々は鼻息が荒いですが、
まあ、それはわれわれ一般人には関係ないことですね。

昨年は博物館に3回行って3回ともスゴイ行列だったので断念。(並ぶの大きらい)
今年もそうなってしまうかと思いましたが、夕方に行ったのが功を奏したのか、
10分待ちですんなり入れました。ほ~。

さてさて、この阿修羅さんですが。
どういう方かと申しますと。

阿修羅王は、もともとペルシャのほうの神の一族でした。
ペルシャのほうでは最高神でしたが、
インド神話では暴れん坊な悪神とされ、
インド神話の最高神の一人であるインドラと闘い続けたとされています。
#余談ですが「阿修羅」というのは部族の名前みたいなもんで、
一人の人格をさすわけではないので、「阿修羅王」としたほうがフィットするかな?
シャカ族の王子であったゴーダマ・シッダールタがお釈迦様と呼ばれるのに似ているかも

そんなわけで、本来阿修羅さんというのは、強力な武神なんですね。

なので、阿修羅展の主役の「阿修羅」像はとっても変わった表現なのです。

まるで少年のような、少女のような幼い容貌と細いからだ。
思いつめたような視線。
筋肉モリモリでもなく、何の武器も持たず。
そして3対あるうちの一対の手は合掌しています。

切実な願い・祈りがあるような、そんな感じに見えます。

私はこの像を見るたびに、モデルがいたんじゃないかな、と思うんですよ。
それも仏教的な、思想的な云々なんて難しいことじゃなくて
もっと心のこもった間柄というか。そんなモデルが。

この像を作った人は将軍万福という仏師。
彼は、阿修羅像はじめ、興福寺の仏像の制作を指揮した天才仏師。
彼が活躍した時代は「天平の時代」という、華やかな芸術文化が花開いていた時代でした。
[PR]
by ichimorimube | 2009-05-02 15:23