<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
奈良で仏像を観よう④興福寺
さて、今度は奈良駅を中心にお寺をまわります。

奈良公園には、みなさん、
修学旅行で行ったことがあるかな?

近鉄奈良駅から歩いて5分、
鹿がたくさんいる公園です。

この公園の中というかそばには二つの大きなお寺と、
奈良国立博物館があります。

ではまずは近いところから、
興福寺に行ってみましょー!

興福寺というと、有名なのはあの「阿修羅像」ですよね。

c0116774_21313349.jpg
#阿修羅像。図録から写メで撮ったらてかっちゃった…。まあイメージって事で;。

阿修羅王というのは本国インドでは荒々しい戦闘神で、帝釈天(インドラ)と常に闘い続ける悪役の神様ですが、この像を見ると、そのような荒々しさは感じられず、不思議な美しい存在に表現されています。
少女のような少年のような細い肢体、少し眉をひそめたようなはりつめた表情。これは、仏像の決め事に沿うというより、仏師・将軍万福の非常に個性的な表現だといえると思います。


この像は「脱乾漆」という手法で作られた像です。
木製の彫像などとは違って、漆と麻布で作ったもの。
粘土で土台を作り、漆で麻布を貼り付け、
固まったら中の粘土を取り除き木の骨組みを入れます。
いってみたら「張子」のようなものです。

表面の表情なども漆で持って造形していくので、
手間はかかりますが、自由度が高くまた大変丈夫だそうです。
とは言え、日本では木造のものが多く、脱乾漆像は、
ほとんどがこの奈良に集中しているといっていいでしょう。
また作られた期間も奈良時代(天平年間)がほとんど。
ですから脱乾漆像、と聞いたら、
「あ、じゃあ奈良時代くらいに作られた仏像かな?」
と思ってもいいです。


さてさて、この興福寺は、お宝がいっぱいです!
もともと藤原氏の氏寺ですから、お金に糸目をつけず素晴らしい仏像、
素晴らしい建物を建てまくりました。

このお寺さんの仏像には、時代として大きく二つに分けられます。

まず第一のビッグウェーブは、創建当時(奈良時代)。
この頃に作られたのは前述の「阿修羅像」に代表される「乾漆八部衆像」、
「十大弟子像」などの乾漆像。

次のビッグウェーブは、鎌倉時代。
平安時代末期に、平家によって大部分を破壊されてしまったため、
鎌倉期に再建されました。その時に、
運慶・快慶ら、いわゆる「慶派」仏師によって
素晴らしい仏像が多数造仏されました。
代表的なのは日本彫刻史上最高傑作の一つといわれる
無著菩薩(写真)・世親菩薩像。
#無著、世親さんはインドに実在した人物で、法相宗の教学を確立した偉い人たち。
 法相宗の本尊・弥勒如来の脇侍仏として表現されます。ちなみに彼らは兄弟です。


c0116774_21303785.jpg
#無著菩薩像。運慶の指揮で慶派の仏師によって作られました。

ここでは取り上げ切れませんが、あまりにも多数の素晴らしい仏像を見ることができます。
ここにある仏像を観てもらって、ああ、こういう仏像がいい仏像なんだな、と思っていただいてもよいかと思います。

ただ、前にもお話しましたが、無著菩薩像などは北円堂という建物にありますが、「秘仏」で、いつも観られるというわけではありません。

ここは10月20日から一週間ほど開帳するんですね。

実は先週、奈良に行ってきたんですけど、
この開帳には合わせられませんでした。
もう一つ南円堂という建物があるんですが、
そこはもっとレアで、年に一回しかご開帳しないんですね。
それが10月17日でして、観にいってきたんです~。
c0116774_21393825.jpg
#南円堂(横から)。内部は撮影できないので、お外から。写真にかろうじて写っているのは菩薩像の蓮座です。

人生で初めて。
ここには、不空ケンジャク観音菩薩像(国宝・桧材)と四天王像(国宝・桂材)があります。

正直、康慶だし、自分の好みとは違うかな~、と思って期待してなかったんですけど、
それは私の思い違いでした。素晴らしい!!



5体とも、秘仏ならではですけど、彩色も美しく残っていて、
素晴らしい像でしたよ。ひゃ~、いいもんみせてもろた。

さあ、次はもう一つのお寺、東大寺に行きますよ。
[PR]
by ichimorimube | 2007-10-25 21:55
奈良で仏像を観よう③斑鳩の里2
さて、中宮寺を出ましたら次は法輪寺です。

中宮寺から歩いていきましょう。
歩いて20分ほど。
のどかな奈良の里らしい空気感を味わいつつ、
ゆったり歩くだけでなんだか伸びやかな気持ちになります。

法輪寺は、聖徳太子の息子・山背大兄王の建立です。

本尊は鞍作止利作の薬師如来像(樟製・重文)。
木造のものとしては最古のものだそうです。
飛鳥時代の仏像は金属製のものが多いんですね。

今でこそ日本の仏像というと木造ですが、
当初はほとんど金属製でした。
大陸でも木造のものもありましたが、
金属や石などが多く使われていました。
日本で木製の仏像が多いのは、
木そのものに神性があると考えるアニミズム的な風土が
その背景にあるからだといわれています。

さて、この法輪寺ですが、何度も大火にあってしまい、
建物はすべて再建されたものです。

なので、法隆寺などから比べるとどうしてもかなわないというか、
そういう意味では地味なお寺さんです。

また次の法起寺もそういう意味ではちょっと地味。
法輪寺から歩いて15分くらいかな。
またゆったりと歩いていきましょうね。

こちらの見所は、仏像というよりは建物。
特に日本最古の三重塔(国宝)です。
仏像もありますけど、そういえばあまり印象に残ってない;;。
ここは、ほんとにのどやかな、優しい空気が心地いいお寺さんです。
受付のじいさまたちがまたいい感じでね。
奈良の気のいいじいさまたちの柔らかい大和言葉がたまらないです。

斑鳩の里は、法隆寺と中宮寺で
もうおなかいっぱいになってしまうんですけど、
この二つのお寺さんにもぜひ足を伸ばしてほしいですね。
お寺さんとお寺さんの間をゆるゆる歩く、
田んぼの畦に咲く野の花を見たり、
カラスウリや柿の実のオレンジにうっとりする、
そんなことも含めて楽しんでほしいです。
[PR]
by ichimorimube | 2007-10-20 15:27
奈良で仏像を観よう!②斑鳩の里
この文章、写真ないといまいち盛り上がりませんよね…。

すみません。脳内旅行なもんで…。
来週、関西に行ってきますんで、
そのときには写真満載でお送りします。
お楽しみに!!


ということで、二日目。

明日香村の次に行きたいのは斑鳩の里です。

斑鳩の里、というのは、聖徳太子の宮があったところで、
判りやすく言えば法隆寺のあるあたりです。

法隆寺といえば、世界最古の木造建築であり、
世界文化遺産に早々と登録されたところ。
いまだに法隆寺には1300年以上前から連なる
「法隆寺宮大工」という職分の方々が居り、
1300年続く木造建築を守りつないでいます。


さて、二日目にこの地域を回るというのは、
建造物だけでなく言わずもがな、
飛鳥から奈良時代にかけての
すばらしい仏像を一気に観られるからです。
法隆寺→中宮寺→法輪寺→法起寺の順序でまわります。


①法隆寺
JR法隆寺駅からバスで行きましょう。
斑鳩の里は歩き回るのがお勧めですが、最初のとこだけはバスでいいです。
そこまではショートカットして体力温存しましょうね。

さて、法隆寺ですが、実は建造物自体は670年に一度焼けてまして、
それ以降の再建のときのものなので、聖徳太子が建てたものじゃありません。
でも仏像はもっと古いものがちゃんと残ってますからね。
安心してくださいね!

法隆寺というのは、かなり大きなお寺さんです。
西院伽藍、東院伽藍からなっています。
西院伽藍には日本最古の仁王像のある中門、
エンタシス柱のある回廊、
聖徳太子を写したという釈迦三尊像と日本最古の四天王像のある金堂、
いかにも「法隆寺」なものがあるのはこの地域。
東院伽藍は、有名な六角形の建物・夢殿がある地域です。
この二つをまわるためには、最低でも2時間はかかりますね。
あまりにも国宝・重要文化財の多いお寺さんなので、
じっくりゆっくり行きましょう。

建造物や石造物、工芸品まで含めて語ろうとするとそれだけで
エライ量になっちゃうので本稿ではあくまでも仏像の話だけ。

法隆寺で見逃してはいけないのは、
釈迦如来三尊像(金銅製・飛鳥時代)@金堂
百済観音(樟製・飛鳥時代?)@百済観音堂
秘仏・救世観音像(樟製・飛鳥時代)@夢殿

とにかくこの三仏でしょうか。
他にも死ぬほどたくさんあるんですけど、
この三仏は桁外れに素晴らしいのですね。

まず釈迦三尊像(写真)、この仏像は前回ご紹介した飛鳥寺の
飛鳥大仏と非常によく似た作風です。
それもそのはず、この像は鞍作止利仏師の作。
杏仁型の目、アルカイックスマイル。まさに北魏風の様式で
止利仏師ならではです。
c0116774_2135961.jpg
















そして百済観音。
この観音さんは、本当に不思議な観音さんです。
非常に体が薄く長身。筋肉などまるで感じさせず、現実感に乏しいのに、
間違いのない存在感。まさに天人の相を現した名作と言えましょう。
百済伝来といわれますが、こういうスタイルのものは彼の地にもなかなかないようなので、
百済系の渡来人の仏師が日本で作ったものなのかもしれませんね。

最後に秘仏・救世観音(特別開帳は10月22日から11月22日まで)。

これは以前にもお話しましたが、法隆寺の絶対秘仏だった仏像です。
聖徳太子の死後、太子の後継者だった山背大兄王のとき、
上宮王家(かみつみやおうけ)と呼ばれた彼ら一族は、
蘇我蝦夷・入鹿の陰謀によって、自死を選び、全滅します。
この仏像が納まっている夢殿は、
上宮王家の邸宅跡に彼らを弔う目的で寺院になおされたと言いますから、
太子がなくなった後何らかの目的でつくられ、
その後、上宮王家の鎮魂のため祀られたと見ていいでしょう。

様式としては、北魏風のシンメトリーに様式化された袈裟や裳、
杏仁型の目、アルカイックスマイルの、いかにも飛鳥仏ですが、
あまりに写実的な相貌の表現は、かなりの異相です。
哲学者・梅原猛さんは「まるで水死体のような」とその「不吉」さを断じ、
聖徳太子が実は毒殺された証左として指摘しました。

そこまで不吉と思うかは感性の問題でしょうが、
飛鳥仏の特徴を考えると、確かにおかしな像です。
必要以上にリアルなんですよね。
「これだけの像を作った製作者、完成と同時死んじゃったんじゃないの?」
とはじめてみたとき思いましたよ。
それくらいとてつもないレベルの仏像だと思います。
好き嫌いで論じるレベルは超えている像ですね。


いやあ、まだ法隆寺の一部しかまわってないのに、
こんなに書いちゃったわあ。オソロシ~!

②中宮寺
さて次はお隣の中宮寺に行きましょう。東院伽藍のすぐ横です。

中宮寺にはあまりにも有名で
可憐な弥勒菩薩半跏思惟像があります。
飛鳥時代後期の作。木造です。

さて「弥勒菩薩」ですが。
この菩薩さんは「未来仏」とも呼ばれる菩薩さんです。

ものすごく大雑把に説明しますと、
仏教世界には菩薩さんと如来さんが居ます。

菩薩さんは「成仏(悟り)を求める修行者」のことで、
如来は「真如から来たもの、成仏した(悟りをえた)もの」ということです。

そんなわけで、菩薩さんは如来になるべく修行中なわけなんですが、
一番最近如来になったのはおなじみ
ゴーダマ・シッダールタこと釈迦如来さんですが、
その次に如来になると予言されているのがこの弥勒菩薩さんなんです。
ちなみにそれはいつかというと釈迦如来入滅してから56億7千万年後。
#……と、遠すぎる~。

仏教にも流行というものがありまして、
6・7世紀ごろの朝鮮では、この弥勒菩薩信仰がとても流行してました。
特に新羅ではこの信仰が盛んで、
このスタイル(半跏思惟像)の仏像がたくさん作られました。
それが日本にも伝わったと考えられます。
この中宮寺の弥勒菩薩さんもそもそもはその流れでしょうけど、
ずいぶん可憐で女性的な解釈でもって表現されています。
おそらく新羅本国ではなく、日本で作成されたものではないかと思います。
この中宮寺は尼寺ですから、それにふさわしい優しげな像ですね。

さて次は法輪寺です。

(続く)
[PR]
by ichimorimube | 2007-10-11 02:17
奈良で仏像を観よう!①1日目は明日香村
前回、お話しましたが、
それでは、まず仏教黎明期(6~9世紀)の仏像を観にいきましょうか。

黎明期、と言ってしまうと大雑把ですね。
ちょっと専門用語で言いますと、
飛鳥(~645)、
白鳳(645~710)、
天平(710~794)、
弘仁(809~822)・貞観(859~876)仏
と呼ばれるものを中心に観て行きます。

飛鳥仏、白鳳仏、天平仏、弘仁・貞観仏
というのは、優れたものが多く、
またいかにもそれらしい特徴を持っているため、
特にそのように呼び習わします。

用例:
「興福寺の山田寺仏頭はいかにも白鳳仏らしい端正さとおおらかさがあるね」
「興福寺の阿修羅像はいかにも天平の仏師ならではの自由な解釈があるね」


この「いかにも」というのは、数を見ていくと自ずとわかります。
時代の雰囲気というか、そういうのが各時代にあるんですよね。
違う作者でもなんか共通の空気感を持ってるんです。
同時代性というんですかね。


おっと、また細かい話ばっかりしちゃった。
とにかく旅に出ましょうね。

もし、二泊三日で奈良に行くなら
こんなコース、というのを考えてみましたよ。


一日目:
とにかく源から観て行きましょう。
飛鳥時代に都があった明日香村で一日過ごします。
明日香村は自転車で廻ると良いです。

飛鳥寺
http://www.kasugano.com/kankou/asuka/index6.html
飛鳥寺には「飛鳥大仏」と呼ばれる
釈迦如来像(銅像・鋳銅としては日本最古)があります。
鞍作止利(くらつくりのとり)仏師作、北魏式の杏仁(きょうにん)型の目、
アルカイックスマイルと呼ばれる微笑をたたえた唇。
けして上手ではありませんが、
圧倒的な存在感。たまりません。


岡寺
http://www4.kcn.ne.jp/~balance/top.html
天平仏のご本尊・如意輪観音像…日本最大の塑像(粘土製の仏像)と、
菩薩半跏思惟像…寺伝によると如意輪観音、
     でもどう見ても弥勒菩薩っぽい金銅仏(金属製の仏像)


橘寺
ここにはとても美しい如意輪観音像があります。
藤原時代(平安中期)の作ですが、
スンバらしいのでついでに押さえておきましょう♪

この三つのお寺さんを廻ると、なんとも言えない
古代の大らかな空気感を追体験できます。
建物などはもう往時のものではないので
こじんまりとしてるんですけど、ね。

本稿では余談になってしまいますが
ご存知の通り、明日香村はさまざまな遺跡がたくさん点在してますので、
そういうのもうまく組み込みつつ行きましょう。特に石造物は必見ですよ。
朝鮮半島直系の素晴らしい石造物がたくさんあります。
石造物の話はまた今度機会があったらお庭と絡めてお話したいと思います。



さて次回・二日目は斑鳩の里を廻ります。
聖徳太子がらみのお寺さんてんこ盛りです。
[PR]
by ichimorimube | 2007-10-04 00:59