<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2000年前の日本って?~番外編「沖縄」
ただいま沖縄を旅行中なため、更新が滞り勝ち。
編集長にお叱りを受けてしまいました。
申しわけないです!


ということで反省をこめて番外編。
今回は、沖縄についてちょっとだけ。
#沖縄についてはまた詳しく書きたいのでさわりだけ…。


沖縄には今回二週間滞在しています。
さすが、無職!
仕事していたらこんな日程はくめないですね
#とはいえ明日東京に帰るんですけどね。
あ~、楽しい時間が過ぎ去るのは早い!

今回の旅は、ほんとにさまざまな要素が入り組んだ旅ではあったのですが、
私の中では、島根県に旅したことと同じテーマが主題。

つまり、
「原日本」的風景が色濃く残る地域を旅し、
何かを感じる。


ということなのだったのですね。

沖縄はかつて琉球王国という王国であり、
現在の日本とは共通点もありますが、
個別の文化である、という印象を持つ方が多いと思います。

かくいう私もその一人でした。

しかし、「原日本」をかなり昔(1万年~2.3000年前?)までさかのぼると、
同じ文化グループが二手に分かれ、その一手が、日本本島に、
もう一手が沖縄列島にわかれてやってきた、
と考えるほうが正しいような気がします。

ようするに、「原日本」というよりも、ルーツが同じ、
といったほうがいいのかな。

ルーツが同じな上に、交流も活発でした。

だから、日本本島で使われていた
鎌倉時代の古い言葉が沖縄に残っていたり、
ヤマトンチュ(大和人)の子孫という方が多くおられます。
#中国人の子孫という方もたくさんいらっしゃいますけどね。

私はその共通の文化がその「崇拝様式」に残っているんじゃないか、
と思っているんです。

神に祈る、祖先に祈る、そのときのスタイルに
原風景を見ることができるだろう、
と考えていたわけですね。
キーワードは「ウタキ」「グスク」です。
今までも何度も通ってましたけど、
今回は意識を持ってまわろう、と。

んで、いろいろまわりました!

結論から言いますと、
やっぱりそうだった。

ウタキにある空気は、隠岐の島の水若酢神社で感じた空気と同じ。
もっと言っちゃえば、私の生まれた
埼玉の里山にある村の鎮守様にある空気とも一緒。

さらに言っちゃうと、かつてマヤ文明の本を作ったときに知った、
マヤ文明の末裔たちが行うシャーマンの儀式や
聖地とされる場所にある空気とも一緒です。

う~ん、これって何なんでしょう。

とりあえず私はその空気をめいっぱい感じ、
たくさん吸い込んできました。

このことについて今後また考えを深めていきたいと思います。
[PR]
by ichimorimube | 2007-06-27 19:48
2000年前の日本って?3
ただいま沖縄です~!

合間を見ながらチョコチョコアップしていきますんで、
途切れ途切れになりますがご容赦ください。

さて
出雲大社と言えば、何を思い浮かべますか?

普通は「縁結びの神様」ですよね。

スピリチュアルなことに興味のある方なら、
江原さんがたあちらの方々が
スプリチュアルスポットとして紹介したりしてますから
そういうイメージをお持ちの方も多いと思います。

昔から10月を神無月と呼びますが、
それは、10月に出雲の国に日本中の神々が集合してしまうため、
神様が不在になってしまう月だからなんですね。
だから、出雲では10月を「神在月」と呼びますした。

実際、
大社の近くには神々が上陸してくる浜と言うのも存在するし
出雲大社には、その神々を一月の間
泊まってもらうための宿舎(社)がありました。
ミョーなリアリティですよね。


出雲大社がなんで縁結びなのかと言うと、
主神である大国主命(おおくにぬしのみこと)が、
いろんな女神と結婚したからだとか、
子沢山だからだとか、
そんなほのぼのとしたエピソードが
大元になってできたイメージ戦略(?)ですね。

さて前置き長いですね。

なぜ【御霊鎮め】系なのか。です。


(つづく)
[PR]
by ichimorimube | 2007-06-17 11:12
2000年前の日本って?その2
今回出雲に行ってきて感じたこと。

それは、
2000年前の日本には、その後【大和朝廷】と呼ばれる王国以外の
王国が厳然と栄えていたんだなあということ。

私たちが日本史の教科書で教わってきた歴史というのは、
かなりまゆつばものですね。

明治期に、欧米列強の帝国主義に対抗するため
一神教に変わるなにかが必要だと考えた頭の良い人たちが
考え出した一つの大発明は「天皇家万世一系」神話だったと思います。
2000年以上続く天皇家、太陽神を旗頭にした単一民族の国家「日本」。
そんなストーリーが必要だったわけです。

明治期と同じようにそんなストーリーが必要だった時代がありました。

それは古事記や日本書紀が成立した頃の話。
天智天皇崩御後、長子・大友皇子と弟・大海人皇子が
政権をかけて闘いました(壬申の乱)。
世は乱れ、新しいストーリーを必要としていたんじゃないかと思います。
そのとき、第一次万世一系神話のようなものが作られたと思われます。
#天智天皇が中大兄皇子だったとき、蘇我入鹿を殺し、
百済と新羅の戦い(白村江の戦い)に参戦、敗北し、
朝鮮半島から撤退して以来しまって以来
社会は混乱し続けていたんだと思いますが



当時の為政者にとって都合のよい事項は残し、
悪いものは省く。つじつまを合わせる。封じてしまう。


出雲大社というのは、その封じきれない歴史の断片を
私たちに教えてくれる貴重な証人だと思います。

今回は友人のHさんと神社ばかり廻りました。
出雲には何でこんなに?というくらい古い神社がたくさん残っています。

そんな中で出雲大社だけは、やはり異質な感じがしました。

それにははっきりした理由があると思います。
それは、この神社だけ成り立ちが【御霊鎮め】のためだからです。

*まだまだ続いちゃいます…。
しかし明日から私は沖縄だす…。

[PR]
by ichimorimube | 2007-06-13 22:39
2000年前の日本ってどんなんだったと思う?
島根から帰ってきました~!!!

一週間、島根を旅してきて、
本当にいろんなことを考えたり、感じたりしました。

今回行った島根県は、「隠岐の国」と「出雲の国」
と呼ばれていた地域です。

今回は、この二つの古い古い国の、
古い古い記憶をとどめている数箇所の場所を旅してきたんです。

皆さんは2000年の日本はどんな感じだったと思いますか?
私はそれを少しでも感じ取りたいなあと思っていました。
そのためには、島根県にどうしても行く必要があった。
そのあたりを少し皆さんにご報告できればと思います。

今回はあまりにもいろいろなことがあったもんで、
ちょっと頭を整理中。

少々お待ちあれ。c0116774_22272437.jpg
[PR]
by ichimorimube | 2007-06-05 22:28