国東半島は信仰の場所
そんな「原神道」、もう一つ要素があります。

それは「神仏習合」。

「神仏習合」は、輸入された宗教・仏教と
日本にもともとあった神道が混ざり合い、
神も仏も一緒に祀ったということ。

たとえば、何々山の神様は、阿弥陀如来の別のお姿だ、
つまり、仏さんが日本に現れる際、神様の形をとって出現したのだ、と考えます。
これを「本地垂迹」(ほんちすいじゃく)といいます。

こんな風にミクスチャーなかんじなので、
明治以前は神様も仏像も並べて祀っていました。
現在は、明治政府の「廃仏毀釈」政策により、
神様の社とお寺は分けて祀られていますね。

廃仏毀釈とは、外来の宗教・仏教を排除しようとして、
明治政府が行った宗教弾圧政策です。
このときに、仏像や仏塔が破壊されたり、捨てられたり、
海外に流出したりして大変な荒廃を招きました。


おっと、話がずれてしまいました。

九州の国東半島は、まさに神仏習合の一大聖地だったんですね。
国東半島には両子山という峻厳な山が中央にどんとそびえ、
その山を中心に、何十という寺院が営まれました。
六つの里にそれぞれ仏教文化が花開き栄えたため、
このあたりの文化を「六郷満山文化」とも呼びます。

国東半島のお寺さんは、そのほとんどが密教・天台宗。
天台宗というと最澄さんが平安時代に作った宗派です。
密教というのは呪術的な要素が強い仏教の一派。
山間に入って修行をするんですね。
この国東半島はそんな彼らにとって修行の場であり、
古い神様が守る聖地だったのです。

この古い神様は仏教的に「太郎天」と呼ばれ、
山岳修行者たちによってあつく信仰されました。
太郎天は、密教において大変重要な仏・不動明王(大日如来の化身)が
本地とされ、山岳修行者たちの守護神だったのです。
仏になるための修行をしながら、神の加護を求め神に祈る。
いまだと矛盾のあるような感じですけど、当時は自然な行為でした。

(つづく)
[PR]
by ichimorimube | 2008-03-23 23:02