あけましておめでとうございます!
2011年ですね。
今年もよろしくお願いします!

前回も文章途中だし。
今年こそもうちょっと真面目に
更新してかないとなあと気分も新たに。

さて、現在は日本に帰ってきて、実家のある埼玉にいます。
バンコクは30度以上ありましたが、今年の日本は寒い!
ものすごく冷え込んでますよね。

でもこの冷え切った空気がなんかいい感じ。

四季がある国というのはいいですねやっぱ。
タイ人もみんな雪が見たい!といいますし、
寒い季節には寒い季節なりの楽しさがあります。

お正月といえば初詣ですね。

寒い中ちょっと並んだりして。、
並んでる間についつい甘酒を飲んだり、
焼きそば食べたりして、ね。
そういうのも寒いのが余計においしさを
盛り上げてくれてる感じですね。

私も実家の近くにある「箭弓稲荷神社」というところに
初もうでに行ってきました。

例年だと、自宅近くにある神楽坂の氏社赤城神社と、
善国寺こと毘沙門さんにお参りするのが
ここ10年の習わしでしたが神楽坂の家は
引き払ってしまいましたし、故郷の古い神社である
箭弓神社に家族で行ってみました。

箭弓稲荷神社は創建が8世紀。
田舎の神社ですが由緒のある神社です。
「やきゅう」と言う音なので、
最近では野球選手の信仰が厚いとか。
駄洒落ですけど、まあ気持ちはわかるかな。

私は、その土地の産土神と思しき神社をお参りするのがとても好きです。
というか、その土地に訪れたからには
その土地の神様にご挨拶したいな、という気持ちですね。
今回は自分の故郷の産土神にご挨拶できた気がして
何やら清々しい気持ちです。
[PR]
# by ichimorimube | 2011-01-03 00:26
キンキラキラなお釈迦さま
タイの仏像、というと「金色の仏像」というイメージがありませんか?

この金色の肌、別にゴージャスにしたいからこの金箔を
貼っているのではなく、とある経典に、仏の姿とはこんな姿ですよ、
というルールが書かれていて、「肌は金色に輝く」とあるからなんです。

日本の仏像ももちろん本来は、みんな金色の肌で表現されていますが、
長い年月を経て、金がはげてしまって、木地が現れてしまってます。
日本人の感性だと、この木目が見えるような感じのほうがしっくりくるんでしょうか。
修復をしても金箔を貼りなおす、なんてことはあまりしないですね。

だけど、タイなどでは、信者が多い仏像ほど、
金箔が次から次へと貼りなおされて、金ぴかぴかです。
金色の仏さんが「仏像」なので、
何の疑問もなくそうしてるんじゃないかな、と思います。
そして、本来的にはそのほうが正しい、と。

そして、このことはいかにも
大元を大切にする上座部仏教の国だな、と思ったりします。

上座部仏教は、とにかく戒律を重んじます。それに対して、

「自分で戒律を守って、自分だけが解脱すればいい、
 っていうのはなんか違うんじゃない?」
「苦しんでいる世の中の人を救おうとしないのはどうなの?」

と考えた改革派が登場しました。
彼らは自分たちで「大乗仏教」と呼び、
戒律を重んじる保守派を批判し「小乗仏教」とよんで、批判しました。
そして分裂したのが、紀元前3世紀ぐらい。

そんな風に成立した大乗仏教は、伝播するたびに、
その土地の宗教と習合したり、その国の仏教学者が経典を
新たに作ってみたり、解説を加えてみたり、
といろいろなものを内包しながら、ある意味、
本来仏陀が唱えたもの以外のものも
たくさん入って、大きく成長していきました。

なので、いろんな仏さまを信仰していますね。

宗祖は、もちろんお釈迦さま(釈迦如来)ですが、
お釈迦様以外に、阿弥陀如来、大日如来、
薬師如来がご本尊のお寺はたくさんありますし、観音さまや
文殊さま、お不動さまをご本尊にしているお寺もたくさんあります。
これが日本においての仏教ですが、これは大乗仏教ならではの現象で、
上座部仏教では、こういうことはないんだそうです。
上座部は、原始教団がしていたことをそのまま忠実に守ろうとしています。
ご本尊は必ず宗祖である釈迦如来像。
冥想する姿か、亡くなるときの姿(涅槃)で表現されます。

(続く)
[PR]
# by ichimorimube | 2010-04-04 01:29
外国から見てみよう。にほんのぶんか
ものすごくお久しぶりです~。
なんと一年ぶりですよ。ひどいなあ。

この一年、あまりにも忙しくなってしまって、
結構ちゃんと書きたいという気持ちが空回りして
このブログから足が遠のいていたのでした。

にほんのぶんかというのは、私にとってとても大切なテーマなので、
また書きはじめたいと思います。

実は、3年間勤めた会社を今月で辞めます。
なので、自由な時間はたくさんあるわけです!

てな感じで再びよろしくお願いします。

***

思えば、このブログをはじめたのも、3年前。
前の会社を辞め、自由な身になって、
きちんと何か書き留めたいと思って始めたのがこのブログでした。

また同じような状況がめぐってきたのです。
しかも今後は、海外に身をおきながらこのブログを書いていくことになりそう。
そんなわけで外側から、またはにほんのぶんかとの比較から
いろいろ考えていきたいと思います。

私がとても気になるテーマのひとつに「宗教」があります。

その中でも特に興味があるのは、日本の原神道と、仏教でした。

明治の廃仏毀釈令によって、神道は国家神道として位置づけられ、
仏教は蕃教として分離、土地によっては迫害されました。
でも、この二つは日本人の魂のよりどころとして、
分かちがたいほど習合(シンクレティズム)していました。

それを政治的に強引に分けてしまったのですが、
どちらがどうともわからないほど溶け合っていたのが本来の日本の形でした。

このシンクレティズムは、どの土地でもよくあることですね。
たとえば。もともとその土地にあったアニミズム的な宗教と、
宣教師が布教して入ってきたキリスト教が、一部溶け合って、
その土地にしかいない聖人を生み出すというのもシンクレティズムの典型です。

アジアだったら、たとえばチベット仏教は後期密教と、
チベット土着の宗教・モン教が由来の独自のお祭りがあったりします。
これも習合ですね。

このあたりは、以前、『マヤ文明 聖なる時間の書』という本を編集したとき
改めて注目した面白いファクターなのですが、
今後も注目していきたいと思っています。

まず、注目していくのは、タイ。

タイには南伝仏教、もしくは上座部仏教と呼ばれる仏教が伝来しています。
日本に伝播した北伝仏教(大乗仏教)とはちょっと地がこの南伝仏教。
これについてちょっと調べて生きたいと思います。

(続く)
[PR]
# by ichimorimube | 2010-03-25 00:23